10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: オーディオプレイヤー

偽物SDカード、容量偽装の見抜き方 





SDカードは偽物が多く出回っているらしい.
通販等で格安のSDカードを購入した際は,利用される前に全セクタの検査をオススメしたい.

20170708-DSC04682.jpg

XDP-30Rには2つのmicroSDカードスロット(各200 GBまで)があり,16 GBの内蔵メモリを加えると、最大416 GBまで拡張可能.
オーナーとしてはコスパ重視になってしまうのは致し方ない.

20170708-DSC04684.jpg

左のSDカードが昨日アキバで買った64GB.
あとでわかったが正規ルートのみ扱うヨドバシカメラで買うと7000~15000円.これに対し,税込み2600円で買えたのは確かに怪しいかも、、、、(汗.
ラッキーだったのか?偽物を掴まされたリスキーだったのか?果たして、その顛末はどうか。

転送速度やメモリ(記憶容量)がカタログスペックであるのかどうか,実際のところ書き込まないとわからない
「フォーマットが正常にできた」,「エクスプローラでメモリ容量が確認できた」で真否は確認できないのだ.

ということで,これができる h2testw というPC向けのソフトウェアで測定してみた.

H2test_UI.jpg

ソフトの使い勝手は極めてシンプル.
言語選択を英語に変更し,”Select Target”で被測定のドライブを選択後,"Write + Verify"を押下すると測定がはじまる.
なお,SDカードはフォーマットされたサラの状態で行うこと.
フォーマットはIOデータのフォーマッターを使わせて頂いた.

H2test_(sundisk).jpg

結果はこれ.

先ずメモリ容量は問題ない.偽物はエキスプローラ上は正常に見えても全容量の10%しか正常に読み書き込みできない(90%がロスト),といった笑えないケースがあるようだ.こうした粗悪品を掴まされると,デジカメを例でいうと画像の一部が欠落したり,エラーで再生できないという事態に陥る.

そして転送速度になるが

・書き込みが15MB/sは規格10MB/sを上回るのでOK
・読み込み86MB/sはOK

と問題なきこと確認できた.
調べるには少し時間がかかるが(私のPC環境で1hちょい),SDカードを安く手に入れられた方は,一度測定してみることをお勧めしたい.

ついでに,ずいぶん前に安く手に入れた東芝製SDカード(32MB)も追試してみた.

H2test_(toshiba)jpg.jpg

こちらも大丈夫のようだ.





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/683-af85c05e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。