06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

* category: ヘッドホンアンプ

LH0032専用アンプ基板 

ナショセミのハイブリッド・オペアンプ『LH0032』を使ったヘッドホンアンプはひとまず完成したが,そのポテンシャルを100%引き出すには,ユニバーサル基板よりベタGNDの専用基板がいいらしい.
という訳で,PROSTさんデザインの基板を無理言って分けてもらった.ご厚情に感謝!
P1000382.jpg
頒布の基板は,定電圧回路を併せ持ったLH0032ラインアンプだ.電源トランスやボリュームなど必要最低限のインターフェースだけで高性能なヘッドホンアンプを仕立て上げることができる.
なお,この基板をヘッドホンアンプとして使うには,ゲインを稼ぐための帰還抵抗値ならびにつなげるヘッドホンのインピーダンスを考慮した出力抵抗値など一部回路定数の変更が必要.
実装パーツの話題に少し触れると,抵抗はユニバーサル基板と同様タクマンREYを採用.位相補償のキャパシタは,ディップマイカの在庫が無くなったので,新たにオーディオ専用の銅箔スチコンを調達した.

P1000383.jpg
この基板の特徴はLH0032の性能を最大限に引き出すため,LH0032をGNDでガードする実装配置や銅箔厚さ(140um!)までこだわった基板仕様と定電圧回路.
定電圧回路の基準電圧にはツェナーダイオードを使うのが一般的だが,Prostさん推奨はLEDになる.そのため,アンプ製作の事前作業としてLEDのVFを測っておいた方がいい.
LEDは秋月電子で購入したSANYOの赤色LED.テーピングされた状態でVFを測ったところ結構バラついていたが,20個のうち18個のペアがとれた.これで,正負電圧のアンバランスはなくなる.

P1000387.jpg
アンプの音色に影響を与える定電圧回路のトランジスタは手持ちのコレクションからC2320,A999をチョイス.このトランジスタは中低音域の厚みが特徴で,ボーカル試聴が中心の自分としては好きなトランジスタのひとつ.

P1000393.jpg
音質チューンアップのひとつがメタキャン・ケースのGND接続.ヒートシンクに薄い銅箔テープを貼った.


P1000391.jpg
完成!電源トランス(15V/200mA×2出力)をつなぐ.
一晩寝かせるたあとのインプレになるが,一言でいえば,シットリさが増した音色に魅了された.
LH0032の第一印象は透明感に溢れ,中高音域の綺麗さにあると思うが,更に情報量と深みが増したという印象.ホント女性JAZZボーカルが艶っぽくていい.午後からはオーディオタイムに突入でJAZZにどっぷり浸っている.

P1000396.jpg
参考まで,ここに至るまでの足跡.ディスクリート版LH0032は面倒だが結構イケル音.

最後に石はLA4さん,基板に関してはProstさんのお二方には,素晴らしい機会を提供していただき心から感謝したい.

出来上がった基板をケーシングする


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

Analogdeviceさん
こんばんわm(__)m
>この続きは加筆予定.

続きを楽しみにしています。
私の方はFET出力パワーアンプをケースに入れて
オンケンで聴いてみましたがTr出力版と甲乙付けがたい音に感じました。
Tr版であれだけ悩ませられたハム音が一切聴こえませんでしたのでプリアンプでなくTr版パワーアンプに問題が有りそうです。
それでは、またお邪魔させていただきます。

URL | LA4 #LkZag.iM 【2010/01/30 20:20】 *編集*

バラックながら,トランスが繋がれ,これまで作ってきたディスクリートHPAと比較できるところまで辿りつけました.
この記事も試聴しなが書いていますが,LH0032はオーディオ用途に合致した良い石だと思います.

URL | Analogdevice #- 【2010/01/31 09:24】 *編集*

Analogdeviceさん
こんばんわm(__)m
>音質チューンアップのひとつがメタキャン・ケースのGND接続
私は7番ピンの根元で半田を盛ってケースと半田付けして、基板の
グランドのパターンと7番ピンを接続する様にしています。
しかし使えば使うほどこの石の音には魅了されますね。
これ以上の石が現れる日が来るのだろうかと音を聞くたびに考えてしまいます。(何時は現れるのでしょうがコスト至上主義のメーカーでは無理でしょうね(^_^;))

URL | LA4 #LkZag.iM 【2010/01/31 22:31】 *編集*

>私は7番ピンの根元で半田を盛って
なるほど,ケースにベッタリ半田付けしている方もいらっしゃるようですが,貴重な石ゆえ,怖くてできない.それに比べLA4さんの方法はヨサゲですね.

>これ以上の石が現れる日が来るのだろうか
多分こないだろうと思います.製造歩留まり悪そうだし.真空管と同じ運命を辿ると思うと少し寂しくなりますね.
ところで,ディスクリート版もいいですよ.同じ仕様(チープ版)で作ってもらいたいなぁーと思ってます.


URL | Analogdevice #- 【2010/02/01 22:04】 *編集*

Analogdevice さん
今晩はm(__)m
>同じ仕様(チープ版)で作ってもらいたいなぁーと思ってます.
ディスクリートだと金田式になってしまいそうです。(^_^;)
それとLH0032は素子配線の間隔が短い事が情報量の多さに寄与していると思いますのでディスクリートでこの音を超えるにはかなり技術が必要な気がして気後れします。(^_^;)
パワーアンプ作りが落ち着いたらDAC製作に乗り出そうと若松にパーツ発注しました。
時間は掛かりそうですがゆっくりやります。
>多分こないだろうと思います.
どなたかのブログで新しい石が出そうな書き込みを拝見しました。
儲け主義に走ると超える事は難しいと思いますが、LH0032にしてもオーディオ目的でない物が偶然にもオーディオとして使うと良い音だった様に、他の目的で作られた石がオーディオ用として使ったら良かったと言う事があるかも知れませんね。
最初に、それを発見される方にLH0032と同様敬意を表したいと思います。

URL | LA4 #LkZag.iM 【2010/02/09 22:25】 *編集*

LA4さん
いつもコメントありがとうございます!
>ディスクリートでこの音を超えるにはかなり技術が必要な気がして
この週末,客観的に音質評価をしたくなり,瞬時に双方のアンプを切替えるセレクターまで作ってしまいました.どうも,配線をし直す数分の間に主観が入ってしまいそうだったので(笑).

で,結論は意外にディスクリートのレベルが高く驚きました.手配線の基板では低音域が痩せる傾向でした.LH0032を活かすには基板本体まで気を配る必要があるようです.
参考まで,藤原さんのところで今週中にディスクリ版の基板が頒布されるみたいですよ.

>DAC製作に乗り出そうと若松にパーツ発注
おぉ,相変わらず精力的ですね!記事楽しみにしてます.

URL | Analogdevice #- 【2010/02/09 23:10】 *編集*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/67-486d6512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top