08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: イヤホン・ヘッドホン・スピーカー

ひさびさに箱(スピーカー・エンクロージャー)でも その2  





20170311-DSC04298.jpg

細かいところを見ると”粗”はあるが,このくらいの出来栄えでよしと決めた.
というより,地味な作業の繰り返しで精根尽きた、、、、というのが本音(笑

スピーカーづくりは塗装工程が7割との記憶があるが,本当に手間三昧だ.平日の夜や週末の合間を縫って,ひたすら「塗装→研磨」を繰り返した.

ざっくり工程は,

・シーラーで目どめ
・研磨
・下地塗装
・研磨(から研ぎ)
・ウレタンニス塗装
・研磨(水研ぎ)


という流れ.

塗装は刷毛塗り.塗料は水性アクリル&水性ウレタンニス.
ちなみに,塗料はトールペイント用を使ってみた.
カラーが豊富で,値段も税込み360円とリーズナブル.このエンクロージャーのサイズなら1本で間に合う.

20170311-DSC04287.jpg

ニスの上塗りによりピアノ塗装とはほど遠いが,それなりの光沢がでた.手間かけた分「手作り感満載」からは少し抜き出たかな、との所感.

肝心の音は,以前の箱(キューブ)とは格段に向上し、同じユニットとは思えない.

また、写真はないが、内部の定在波を散らす工夫をや、あえて密閉にしたことがスーパーウーファーとのつながりを自然にしたかもしれない.











スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/648-c135e63a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top