04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

* category: デジタルアンプ

スーパーウーファー用出力端子を増設したい その5 





たらたらとデジタルアンプ LXA-OT1 にスーパーウーファー端子を増設する経過をブログに書き込んできたが,本日完成.

20170128-DSC03994.jpg


回路は,反転型の加算回路に方針転換したので,必要なパーツを買いそろえた.
これから一気に仕上げる.

20170124-DSC03989.jpg

出来上がりはこんな感じ.

20170128-DSC03990.jpg

基板パターンが非反転増幅回路のステレオヘッドホーンアンプなので,反転型加算回路をこの基板上に展開する上で,裏面はジャンパー飛ばしたり,部品を直付けしたり,けっこう工夫させられた.

20170128-DSC03991.jpg

どうだろう.母艦のLXA-OT1と良く馴染んで,違和感が全く感じない仕上がりかと.

20170128-DSC03993.jpg

オペアンプはキット基板付属のNE5532(※本物かどうかは怪しい......)は発振気味だったので,在庫のOPA2134に差し替えた.
オフセットは10mVで安定している.

*まとめ

・目的は,スーパーウーファー端子の増設
・製作方針はLXA-OT1のボリュームアウトから信号を引き出しオペアンプの加算回路でLRをミックスしてウーファーアウト
・ユニバーサル基板は面倒だったので,aitendo 「超miniヘッドホンアンプキット [K-5532SN]」を利用
*超miniヘッドホンアンプキットは非反転増幅回路なので,回路パターンはそのまま使えません
・実際の回路は2段構成.1段目は加算型反転回路,2段目を反転増幅回路にすることで,信号出力は正相
・aitendo  超miniヘッドホンアンプキット 付属のNE5532 では,ドリフトが30-50mVの間で不安定に振れる動きをしたので,入力段がハイインピーダンスのFET入力型オペアンプがベターと判断.OPA2134に変更後は非常に安定動作.






スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/642-b3e4ba9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top