fc2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

* category: Discrete semiconductor

LH0032ディスクリート版 完成! 

P1000373.jpg
睡眠時間を削って,残る一台を作ってしまった.チープなパーツで組んだものとはいえ侮れない音質.これは凄いかも.


スポンサーサイト



この記事に対するコメント

睡眠時間を削っての作業お疲れ様ですm(__)m
>侮れない音質.これは凄いかも
どんな音なのでしょうね、興味が湧きます。
LH0032との比較試聴も楽しみですね。

URL | LA4 #LkZag.iM 【2010/01/21 20:31】 *編集*

LA4さん,コメントありがとうございます.ホンモノが入手できたので,中途半端が嫌で加速してしましました(笑).比較は手元にある「LF357H+ダイヤモンド・バッファHPA」になりますが,低音の伸び&瞬発力,中低域の厚みはリファレンスを凌駕する実力に驚きました.解像力等は大きな差異は感じていません.

そもそも電源はスイッチング電源のACアダプタ-+抵抗分圧という簡易なものながらこのスコアなので.これをトランス式のまともな電源にしたら.....と想像するとかなりポテンシャルがある回路だと思いました.
ちなみに,電圧増幅率は10倍,初段差動増幅回路はK30(GR)でIdssは3.6mAのペア取り,位相補償はスチコンで51pF(@20円),トランジスタは@5円のC1815/A1015なので片チャンあたりの単価は700円くらいになると思います.16石のアンプをユニバーサルで組み上げるのは手間ですが,コストパフォーマンスはものすごく高いです.

URL | Analogdevice #- 【2010/01/21 21:33】 *編集*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/64-b15f58fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top