05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: デジタルカメラ

SIGMA MACRO 50mm 2.8 の修理費用 





SIMGP1048.jpg
「PENTAX Q7 + 01 STANDARD PRIME」 iSO100 F:2.2 SS:1/160

α330時代に購入したSIGMA MACRO 50mm F2.8.昨年AF作動不良の故障に見舞われ,暫くα330+MF専用機として使っていたが,屋外で風に揺れる花などを撮るにはやはり不便さを感じSIGMAに修理依頼することにした.

故障原因は,距離環を駆動するギアとAF駆動ギアの噛み合わせ.DIYでも調整可能とみたが,メーカー修理を決めた訳は,このレンズの持病としてギア割れが懸念されていたため.つまり予防保全も兼ねた修理がその理由.

工場からの修理伝票によると,当方の依頼通りギア交換をしたうえでAF駆動不良の調整となっていた.修理費は返送送料込で5,980円,納期は依頼~受け取りまで約一週間.

早速,修理上がりの動作確認.α77にはじめて装着してみた.
α330の時は,ボディ・スイッチONのたびに距離環が”グィーン”と伸び縮みする動作をしていたが,修理完成品は”クイッ”と一瞬動くだけで,これまでのような無駄な動作はしなくなった.レンズとボディ(α77)との組み合わせで,こうなったのかは不明だが,かったるい動作が無くなったのは好印象.AF動作もα330装着時に比べると格段に早く・スムーズ.まるでレンズを新調したかのような感覚が5980円はリーズナブル!メーカー修理のメリットそして小さな幸せと価値を感じた.

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/618-6c65dca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。