04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

* category: デジタルカメラ

RAW現像をやってみた 




言葉は知っていたが,敷居が高かった”RAW現像”とやらをやってみた.
先ずは,RAWとは何か.Wikipediaからの引用によると

「デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラほか、高級デジタルカメラで記録可能な画像形式。デジタルカメラでは一般的に「写真」としてJPEG画像を生成するが、RAW画像はJPEG画像を生成する元となる「生」の画像データである。ある程度の写真知識がある(プロフェッショナル、ハイアマチュアなど)ユーザーが、露出、コントラスト、ホワイトバランス、カラーバランス、明度、彩度などの補正や加工、ノイズや歪曲など除去をパソコン上で思い通りに行ないたいという要望に応え、カメラメーカーが用意している機能のひとつ。」

要は,RAW画像の「画像」というのは目に見える「写真」ではなく,映像化つまり写真になる前のデータの固まりというのが正しい解釈になる.メリットは写真になる前の素材データなので,画像劣化が少ない前提で各種補正が可能というのがポイントだ.
例えばRAW現像なら,仕上りが「白くとんでしまった空」を「見た目の青空」になるようにデータを補正できる.もちろん写真として完成品であるJpegからも編集ソフトを使い修正はできるが範囲の限界がある.過度の調整で不自然に仕上ってしまった経験をお持ちの方は多いのではなかろうか.こういったジレンマから解消される「奥の手」こそRAW現像だと思った.

ということで,初めてのRAW現像が下の画像.比較のためJpeg吐き出し・リサイズ版との比較を掲載した.
RAW現像ソフトの使いこなしはこれからなので,何をどうすればこうなる,は書ける知識を持ち合わせていないが,小雨混じる曇り空の撮影状況下,(元々)暗いトーンの被写体を明るくしたい,というイメージに補正できた.

まとめに入るが,一つ言えることは,作業自体は想像していたより敷居が高いものではなかった.コツは現像ソフトが持つ様々な補正機能をすべて弄くるのではなく,的を絞った補正に留めることらしい.
なお,RAW補正&現像ソフトはカメラに付属するSony Image Data Converterを使用した.

S_DSC08391.jpg
[JPEG] 「SONY NEX-3 + SIGMA 60mm F2.8 DN」ISO:400 SS:1/200 F:2.8 WB:AWB EV:-0.3
S_DSC08391(IDC).jpg
[RAW現像] 「SONY NEX-3 + SIGMA 60mm F2.8 DN」ISO:400 SS:1/200 F:2.8 WB:AWB EV:-0.3
明るさ:+0.14 ハイライトトーン:+79 補正モード:アドバンス 彩度:+28
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/603-87570b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top