fc2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

* category: オーディオプレイヤー

FLAC(Free Lossless Audio Codec) 

P1000356.jpg
操作性はイマイチながら音質は抜群のHiFi DAP T51(画像)の再生可能なファイルにFLAC形式というものがある.聞き慣れない用語なので調べてみたらFree Lossless Audio Codecの略.この訳どおり,音質をまったく劣化させずにファイルサイズを小さくできる「可逆圧縮」を行うフリーな音声コーデック(ソフトウェア)である.

使い方は簡単でダウンロードしたファイルをPC上に展開.CDexやEACといったリッピングソフトのセッティングにおいてコーデックを外部に設定,インストールしたFLAC実行ファイルを指定してあげれば,従来どおりの使い方でCDをFLAC形式に変換することができる.

可逆圧縮といえば,Apple Losslessがメジャーだが,再生できる携帯プレイヤーは今のところiPodのみに限定されてしまう.最近では音質が劣化するmp3のエンコードではなく,まったく音質が劣化しない可逆圧縮で音楽を楽しむ方が増えてきているらしいので,FLACのようなフリーソフトは重宝されるのであろう.

ということで,さっそく音楽ソースをFLACに変換,T51→ヘッドホンアンプという最小の組み合わせで聴いてみた.昨年末にDACを製作したが,これと比較して,なかなか侮れない高音質の音楽環境を提供してくれる.

FLAC形式のソースで聴くとmp3独特のザラついた印象が完全に払拭され,まさにピュアオーディオの世界に浸れる.T51のDACチップは英国Wolfson WM8740.これにバーブラウンOPA2604で受け,ヘッドホンドライバーを経由しないでライン出力できるハード構成が中低音の厚みと滑らかさに一役買っているのだろう.再生ソースを検索する手間には毎回閉口するが,こと高音質プレイヤーという点に限っていうと,Teclast TL-T51には100点をあげてもいい.


スポンサーサイト



この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| # 【2013/10/26 14:24】 *編集*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/60-0078a347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top