fc2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

* category: デジタルカメラ

Minolta Rokkor 1:2 f=50mm × NEX3 (1/2) 



DSC02030.jpg

前回,このオールドレンズをα77に装着.オールドレンズのデビュー撮影になったのだが気がかりが一点あった.それは中心部はシャープに写るが周辺像の流れてしまう現象.

オールドレンズの味として片付けるのもいいが,もしかして,この原因はα77用のマウントアダプター(安物)かもしれない.一眼レフ特有のフランジバックの長さをカバーするためアダプターにレンズがついている.一方,ミラーレス用はただの筒でレンズはない.このレンズがイタズラしているのか?それともボディの高性能解像力に昔の銀塩レンズがついていけないだけなのか?

明らかにするのは簡単だ.ミラーレスでも同様の症状がでるのか実験してみればよい.
ということで,検証もかねて今回はボディをα77からミラーレスのNEX3に変更,散歩がてらに撮影してみた.

画像はリサイズのみ.

先ずは,絞り開放付近のぼけ具合チェック.

DSC07006.jpg
DSC07011.jpg
DSC07021.jpg
DSC07089.jpg
DSC07092.jpg
DSC07095.jpg
DSC07066.jpg

α77との組合せのときより自然なボケ具合(のような気がする).
次は,コントラストやシャープさ.

DSC07014.jpg
DSC07038.jpg
DSC07048.jpg
DSC07057.jpg
DSC07059.jpg
DSC07102.jpg
DSC07068.jpg
DSC07123.jpg

コントラストやシャープさは,意外にいい感じ.
では,光量が少ない環境ではどうだろうか.

DSC07104.jpg
DSC07120.jpg
DSC07130.jpg
DSC07218.jpg
DSC07157.jpg
DSC07205.jpg
DSC07215.jpg
DSC07223.jpg


なんと,周辺像が流れるような画にはならなかった!

結論.

独特なテイストを味わうオールドレンズを道楽で遊ぶには,一眼よりミラーレスがベターである.特に一眼用のマウントアダプターにはレンズが付いているが,これが画質に影響を与えそうな気がする、、、、断言できないのは,オーディオと違って,カメラは詳しくないので主観的な意見.

ちなみにミラーレスは経済的にも有利だ.今回の機材で使ったNEX3のボディの中古相場は3~9千円.オールドレンズとマウントアダプターを全て入れ,なんと一万円ちょっいでシステムができあがってしまう.
新旧コラボレーションによる新たな発見!DACに真空管を組み合わせるみたいなものだ.

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/588-67963764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top