fc2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

* category: オーディオプレイヤー

1500円のDVDプレイヤー 

記事のテーマは,音源=プレイヤー.
dv-1380r.jpg
ふらっと立ち寄った中古品屋さんハードオフで衝動買いしたものはEXEMODE CPRM方式対応 DVDプレーヤー DV-1380Rなるもの.デザインは北欧オーディオメーカー風でマル.
購入に踏み切った理由は明確で,
・新品未使用ながら”1500円の激安→おもちゃとして改良で遊べる!
・AC電源ながらコンパクト→部屋to部屋の移動が楽
・デジタルアウト付→アナログ音質が最悪であったとしてもDAC接続で使えるかも
の三要件をクリアしたから.

さて,1500円のDVDプライヤーの実力はいかがなものなのか.早速,ヘッドホンアンプに繋げて試聴してみた.
無信号時に耳に飛び込んできたのはジーというノイズ.期待は一挙に冷え込む.とどめは肝心の音質で(アナログアウト),ラジカセレベルのチープな最悪な音質.音源に原盤をもってくる優位性はなく,黙ってiPod繋げて聴いていた方がマシという結論に至った.

ここまでのインプレは安かろう悪かろうのとおり想定範囲.改良を前提にしているので,ケースを開け世界の工場メイド・イン・チャイナ製プレイヤーの解体新書をしてみた.
P1000308.jpg
上の画像はプレイヤーの電源ユニット(画像はクリックで拡大).
回路を眺めたところスイッチング電源方式で,DC出力は±15V(アナログ系)・DC±5V(デジタル系)の仕様となっている.
ご覧のとおり部品の実装はとにかく雑の一言.見えないところに手を抜くのは,国家レベルの問題にも発展した食の安全を思い出してしまう.
シャントレギュレーターは,おもいっきり斜めに配線されており,抵抗は片足が浮いている状態.黒と金で一見高級そうに見えるコンデンサも未使用ながら液モレ?のような形跡がありくすんで見える.最低出力コンデンサは交換したい.
P1000310.jpg
ということで,電源出力コンデンサの4つは,メイドインジャパンに換装した.

次にチープな音質の根源を探す,どこかにアナログ出力の音質を決定づけるオペアンプがあるハズだ.
P1000312.jpg
それらしきものを発見!ICの型番はPOL4558と刻印がる.定番NJM4558もどきなのが笑えるところ.データシートなど詳細不明ではあるが,テスターでICの足を診た限りアナログアウトのオペアンプらしい.
そこで,これをバーブラウンのOPA2604換装しようと試みたが.....見事に失敗(泣).POL4558の取り外しは慎重に慎重を重ねて行ったつもりが,一つだけ基板のランドごど剥がしてしまった.これは致命的なミスで,もはやアナログアウトは使えない.悔やまれるが,この反省を次の機会に活かしたい.
教訓から学んだ作業のコツは,
・ハンダ吸い取り線を使うよりICの足をニッパで切断した方がいい.
・ICの足を切断する際,ICのランド側を指先で押さえ余計なストレスがかけない細心の注意が必要だ.

ということで,アナログアウトの音質を向上する目論見は早くも挫折してしまった訳だが.電源まで手を入れたので,このまま終わりとせず,時間を見つけてデジタルアウトの実力を見てみることにしてみたい.


スポンサーサイト



この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/51-4ccde4c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top