fc2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

* category: ヘッドホンアンプ

2,999円のポタアン(Portable Headphone Amplifier)作ってみた 




donya.jpg

会社の同僚がキットに初挑戦するということで,指南役を買って出た.
ケース付で2,999円(値下げされた).


P1020768.jpg

同僚より先行して組み立てた.所要時間90分.
画像のとおり仕上りはなかなかのもので2,999円とは思えない.なお付属のボリュームノブはケースと比べ大きくデザイン的にイマイチなので,一回り小さいアルミ製に交換した.

P1020766.jpg

内部、基板実装の仕上りはこんな感じ.実装位置が近接しているので,キット初挑戦の方には少し難易度が高いかもしれない.

回路はA47(Apheared's 47 Amplifier).
電源部は006P(9V)をレール・スプリットIC「TLE2426」により+-4.5V生成.
付属のパーツは,後述Tipsを背景に殆ど使わず手持ちのものでカスタマイズした.

その内容はというと

■電源部
・ケミコン:Rubicon(偽物?) → 正規国産品470uF/10V

■主回路
・ボリューム:中華製B-type → マルツ A-typeに変更
・入力カップリングC:メーカー不明のフィルムコンデンサ → 薄膜高分子積層コンデンサ(PMLCAP 1uF/25V)
・抵抗類:メーカー不明の抵抗 → タクマンREY + 定数変更
・オペアンプ:kia4559p(korea) → MUSES8920D + LME49720

■カスタマイズTips
・電源部のレールスプリット抵抗R1,R2は実装不要
・付属ボリュームは使い勝手から交換推奨
・ローパスのC1はポリプロピレンなどオーディオ用推への交換推奨
・回路図上の抵抗値は入力FETオペアンプを前提におかれているが,付属のオペアンプは何とバイポーラ・オペアンプ.このままではオフセット電圧が大きくでる可能性あり.
対処としてはオペアンプU2は入力FETオペアンプに交換するか,回路定数(抵抗値)をバイポーラオペアンプに合わせ見直すかの二者択一
・さらにU2にFET入力のOPA2134を使うときは,帰還抵抗R6/R14,R9/R15は2Kohm以下を推奨

DIME.jpg
こちらの雑誌サイトにも製作記事が載っているので,興味がある方は覗いてみてはいかがだろうか.

http://dime.jp/genre/107090/







スポンサーサイト



この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/474-9cdbb6e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top