fc2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

* category: ヘッドホンアンプ

Sub-Miniature Tubes その1 




オーディオの一つの潮流がヘッドホンアンプ.このなかで,密かなブームを巻き起こしているのが,サブミニチュア管を使ったヘッドホンアンプだ.
この領域について.自分なりに調べてみたので記録として残しておく.

■その歴史
Sub-miniature tubes
画像:http://www.radiomuseum.org/forum/russian_subminiature_tubes.html

ガラスチューブにピンが付いた一般的な真空管とトランジスタを代表とする半導体の過渡期に生まれたのがサブミニチュア管になる.
直径はMT管の半分にあたる9mmの小ささ,そしてピンはついておらずガラス管からリード線が直接伸びているのが見た目の特徴.

■パーツとしての活用事例
MP_AT3060.jpg
マイクロフォンにはコンデンサーマイクというジャンルの下位層にチューブマイクというカテゴリーがあるのはご存知だろうか.生音を電気信号に換えるのがマイクの役割だが,ここにも独特の真空管サウンドがしっかり根付いている.
画像はaudio-technica AT3060.真空管にはサブミニチュア管"6418"が使われており(6418は通常のサブミニチュア管より更に小ぶり),ファンタム電源(+48V)で真空管もドライブしている.残念ながら日本では未発売でUSAなどでは$400~$500らしい.

■市販品ヘッドホンアンプ

【エレキット TU-HP01】真空管ハイブリッドヘッドホンアンプ
tu-hp01.jpg
ニッチなマーケットでファンを魅了するエレキット社製のポータブル・ヘッドホンアンプ.コンセプトは「単4電池4本で動作 どこでも真空管の音を楽しめます 」が触れ込み
・真空管はRaytheon:6418
・真空管にショックを与えた時に聞こえる「キーン」というマイクロフォニックノイズを実装上の工夫で低減
・ヘッドホンドライバーはオペアンプ.JRC「MUSES8820」とBurr Brown「OPA2604」の2種類が標準で付属と至れり尽くせり
・市場価格は1万7千円前後

【VentureCraft Go-Dap TT】iPodやiPhoneからのDAC内蔵真空管ハイブリッドヘッドホンアンプ
Go-Dap TT
・うれしい,純国産
・世界初!iDeviceデジタル接続+真空管アンプ
・Raytheon 6111SQ(SQ=選別品)を採用
・ラバーバンパーにより真空管アンプ最大の欠点であるマイクロフォニックノイズを排除
・市場価格は79,800円とハイエンド

【Jaben's GoVibe Porta Tube Amp】
JABEN GoVibe
・海外メーカー.サイトをみる限りシンガポールが本社らしい.
・USB-DAC内蔵などいくつかのラインナップがある.
・熱い,マイクロフォニックノイズがするなどのレビューあり
・詳細スペック不明,市場価格はアンプのみ52,800円~



おぉっと、、、、意外に長文になってしまった.続きはまた.





スポンサーサイト



この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/446-8f45b559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top