06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

* category: 電子部品あれこれ

真空管ピッチ変換基板 

AT-MT9P_01_L.jpg

オペアンプやトランジスタ世代にとって真空管を取り扱うにあたってのハードルはソケットかもしれない.
そんな悩みを解決する変換基板が発売されているのをご存知だろうか.

画像は製造元サンハヤトのホームページからの引用(http://www.sunhayato.co.jp/products/details.php?u=1598&id=07004).

ソケット,ピンヘッダも付属されているので,ブレッドボードやユニバーサル基板への実装が簡単にできるようになる.販売価格は千円前後.
こんな基板があると色々実験したくなる(笑.

class-a-12au7-tube-headphone-amplifier-schematic.jpg

例えばこんなアンプ.
回路図はelectronics-diy.comからの引用(http://electronics-diy.com/class-a-12au7-tube-headphone-amplifier).
この回路,恐らくヤフオフやamazonでYAHAの発展系として最近目にみるヘッドホンアンプであろう.パワー段がオペアンプではなくMOS-FETというのがミソ.
サプライズはアイドル電流の調整.通常は抵抗で設定するが,LM317(定電流回路)とはナイスアイデア.

Small_Picasa_P1020478.jpg
話題を変換基板に戻すが,上の画像は最近アキバで見つけたもの.
サンハヤトがソケットなど付属品がつくのに対し,これは基板だけ(もちろん説明書もつかない).その分,三枚セットで100円という驚きの安さだ.

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/409-452f0b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top