06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

* category: デジタルアンプ

TA2020は銘石かと 

ta2020-020.jpg
歴史を振り返り,オーディオ界でデジタルアンプのムーブメントを起した石といえば,トライパス社のTA2020-020.
デジタルオーディオの原型はどんな音なのか,聴いてみることにした.

P1020310.jpg
"素材"は,アキバで三千円ちょっとで買える怪しいメーカー名のデジタルアンプ.
中を見ると最近ではすっかり免疫ができた”雑”なメイド・イン・チャイナ.ケミコンはニチコンのロゴがあるものの,,,,にぶいアルミ色のボディー,これは100%偽物とみた.

基板とケースだけが目的なので,通電することもなく,音を聴くこともなく解体開始.

P1020332.jpg
独立タイプのRCA入力端子に交換.
ちなみに、、、もとは基板直付けの貧相な端子.少し触っていたら,いとも簡単にポキッと折れてしまった(笑).


P1020328.jpg
ボリューム交換,ケミコン交換(470uF×2→1500uF×2)カップリング・キャパシタは怪しいものから国産ポリプロピレンに交換.
ちなみに,このポリプロは(秋月で買えるルビコン製),WIMAより格段に音がいいので最近の定番.
そして,増設した赤の基板に載っている三端子レギュレータはTA2020の定石といえる改良.ノイジーなIC内部のレギュレータを使わず5Vを外部給電するという一手.ちなみにレギュレータ発振止めのキャパシタ類は裏面にチップタイプで実装した.

P1020322.jpg
TA2020の入力抵抗,帰還抵抗は音質の要.オーディオ用に交換.
入力抵抗20kΩはゲイン高過ぎかも.25-27KΩに変更予定.

P1020325.jpg
仕上げはLCフィルター.
インダクターはTOKOのデジタルアンプ用パワーインダクタ,Zobelを含むキャパシタは8Ωの定数に変更し,ポリプロに交換.

ということで,TA2020の石を使いこなすための定番改造を一通り施した.(12時間のエージング後)トランス式に電源につなぎ試聴してみる.

想像を裏切る中低域の厚みが,どこかアナログアンプぽい.言い換えればデジアンに共通する高域の刺激さがなく,一音一音粒立ちがはっきりしたモニターライクな音質は魅力だ.
なるほど,これは好評を博すだけの石だと思う.同時に斜陽に陥ってしまったTripath社は残念でならない.



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/383-e10969da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top