09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: イヤホン・ヘッドホン・スピーカー

Victor SX-EX7S ・ネットワークからF特を解析してみた 




03_SX-EX7S_NWC.jpg


Victor SX-EX7Sのカタログ上のクロスオーバーポイントは3800Hz.分解したネットワークの定数からユニットのインピーダンスを割り出すと,ツイーターはどうも8オームらしいことが判明した.

ネットワークの回路定数は以下だった.

ウーハー
・L=0.56mH
・C=6.8uF

ツイーター
・L=0.39mH
・C=2.7uF

ウーハーを6オーム,ツイーターは8オームとするとシミュレーション上は,それなりのF特になる.
NWC_PLAN0.jpg


次にツイーターをリプレースすることを前提に定数を検討してみた.
ウーハーは交換しないので6オームのまま,ツイーターDayton ND20FA-6だとすると6オームなので,C=2.7uFを4.0~4.9uFにあたり変更した.コイルは変更しない.下図のように,それなりのF特になりそうだ.ちなみにシミュレーション上はツイーターは逆位相で計算.
NWC_PLAN1.jpg

シミュレーションはあくまでもシミュレーション.ただ,6オームのツイーターへリプレイスするとした場合,ネットワークはコンデンサー交換だけで済む見込みが立ったのは,自分的にはGood News.








スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/350-359e9c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。