fc2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

* category: ヘッドホンアンプ

LF357H+ダイヤモンド・バッファ ヘッドホンアンプ 

P1000258.jpg
National Semiconductor社のJFET Input OP-Amplifiers LF357H.もはや国内市場から姿を消してしまったその古典的かつ貴重なOPアンプでヘッドホンアンプを作ってみた.
『設計が古いOPアンプなんか帯域が狭そうでオーディオには使えない』という,これまで自分自身が抱いていた固定観念を見事に覆されたヘッドホンアンプに仕上がった.ホント驚き.

P1000240.jpg
アンプ基板は頒布基板を利用した.回路構成はシングルOPアンプ+ダイヤモンド・バッファ.出力トランジスタの過電流保護回路付きの配慮がうれしい.
LF357Hと組み合わせるトランジスタは在庫のなかから2SC5171/2SA1930,2SC2240/2SA970をチョイス.信号系の抵抗には,タクマン電子のオーディオ用抵抗REX.

P1000247.jpg
直流電源回路は18V・2回路入りトランス+三端子レギュレータを用いた定電圧回路.出力は±15V.
今回は画像のとおり整流回路にインダクタンス(1mH)+キャパシター(1μF)+ダンピング抵抗で構成した電源フィルターを入れてみた.平滑コンデンサは汎用品3300μF×2,出力コンデンサはオーディオ用MUSE(KZ)470μF×2.レギュレータのパスコンはRIFAをあしらった.

P1000246.jpg
戸惑ったのがLF357Hのオフセット電圧.二つのLF357Hのうち,一つ目は1.9mVと実用上差し支えない範囲であったものの,もう一つ目は20mVもあり精神衛生上よくない.そこで,データシートを参考にPIN#1~#5にオフセット調整のポテンショメータ(20kΩ)を追加した.これにより両チャンネルともオフセット電圧はコンマmVレベルまで抑えることができる.

P1000248.jpg
トラブルといえば容量性負荷が原因と思われる発振.無信号入力時,特定のボリューム位置で「シャー」というホワイトノイズに似た音が発生.対策としてヘッドホンアウト端子にZobelネットワークを直付けした.低インピーダンスのヘッドホンアンプを繋げる人はZobelネットワークは最初から考慮に入れておいたほうがよいと思う.

P1000250.jpg

電源を規定の±15Vに引き上げたことなのか,電源を暫定のスイッチング電源からトランス電源にしたのが功を奏したのか,はたまた駆動段のトランジスタとの相性なのか......イヤホンボディが震えるほどの伸びのある低音とあまりにも生々しい音に,試験運転ながらしばらく聴きこんでしまった.
レベル的には金田式DCヘッドフォンアンプと互角,いや独特の響きを感じる心地よさの点だけは上回るかもしれない.



スポンサーサイト



この記事に対するコメント

analogdeviceさん
こんばんわm(__)m

>>いや独特の響きを感じる心地よさでいえば上回るかもしれない
そ、そんなにすごいですか?(^_^;)
電源電圧±15Vがきいているのでしょうか・・・
早く、詳細を聴いてみたいです~。
据え置型を、私も作ってみたくなる、誘惑にかられますね。

URL | LA4 #OHKrW9ow 【2009/11/02 18:44】 *編集*

LA4さん
コメントありがとうございます.
いやぁー,良いOPアンプを教えてもらい,こちらこそ感謝してます.
電源などもろもろが音質に効いていると思います.ポイントをブログに書き込んでおきましたので,ぜひ,一台こしらえてみてください.

URL | Analogdevice #- 【2009/11/03 14:02】 *編集*

Analogdeviceさん
レスありがとうございます。
細かい詳細わかりやすくてとても参考になります。
タクマンREYであればスケルトン化するとかなり、癖の無い情報量の増した音になるのですがREXだとどうなのでしょう?
メーカーも方向性があることを歌っていますので方向性を確認されたらまた違う音になるかも知れませんよ(^_^;)
私の方はLH0032のアンプを作りたくてうずうずしています。
それではお風邪など召されません様、気をつけてお過ごしください。
また、お邪魔させて頂きます。

URL | LA4 #OHKrW9ow 【2009/11/04 22:17】 *編集*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/34-827a061d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top