06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

* category: デジタルアンプ

デジタルアンプ『LXA-OT1』カスタマイズのその後 

いやはや,公称10万部発刊のStereo誌が年末に放った付録(デジタルアンプ)は,それなりのムーブメントを起こしたようだ.小さな事件としては,秋葉原から改造用と思われる22μHの閉磁型インダクタが店頭から消えたらしい.
日本経済の復活を願う一人として,こうしたムーブメントが,斜陽に陥ったオーディオ業界再生の一助となり,秋葉原電子部品小売業に活気を呼び戻すものになって欲しいと思う.音楽之友社そしてラックスマンの方々,やりましたね!

DSC00996.jpg
さて,自分のカスタマイズ進捗は,当初掲げたポリシーを固持しパーツ交換は必要最低限に留めている.信号ラインのケミコン交換で,残るC9,C10をMuseに.そして,デジタル回路部・電源周りのケミコンの一部をOSコンに変更した.これで最後かも.

outputLC.jpg
残るカスタマイズといえば,デジタル回路部.
画像は,データシートからの抜粋になるが,デジタルアンプゆえの出力フィルターは音質に大きく影響するので,少し手を入れるつもり.

DSC01000.jpg
オリジナルは,どうなっているかというと,心もとないインダクター,そしてキャパシターはチップ型セラコン.グレード的には最低ラインであることは確かだが,これは,予算の関係でやむを得ない選択かと思う.
自分としては,インダクターまで変えるつもりはないが,キャパシターはパナソニックのチップ型フィルムコンデンサに換装するつもり.



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/314-a0922568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top