09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: Vintage-Audio (時代を超えた名品)

EL84 Single ended Amplifierのリメイク 

DSC00890.jpg
数年ぶりにEL84シングルアンプを引っぱりだし,リメイクすることにした.5極管の音をヘッドホンで聴いてみたかったし,たまたまメイド・イン・ロシア復刻版Mullardに興味を惹かれポチッたのが背景.

DSC00888.jpg
ヘッドフォーンジャックを増設するための仕込みに入る.フォーン・ジャックには,アッテネーター兼インピーダンス・マッチング回路を載せた.このノウハウは”情熱の真空管”木村さんのサイトを参考にさせていただいた.ちなみに6DJ8差動増幅方式MiniWatterは作るつもりで,パーツ収集中.
NEW Mu
これが噂の復刻版Mullard EL84.価格はショップにより変動があるが,自分はマッチドペアを4000円で購入.


DSC00889.jpg
ヘッドフォン端子の増設はこんな感じで仕上がった.使用感は,プラグを差し込むとスピーカーからヘッドフォーンに切り替わるのは非常に便利.また,ヘッドフォンだと球の音質が評価しやすい.このアンプ,これまでパワー管はJJ製を使っていたが,復刻版Mullard EL84の方が音の広がり,前後が明瞭で臨場感を感じる.

最後に,今回のリメイクで想定外だったのが,鳴らすことが難しいAKG K601にベストマッチなこと.
もともと,このアンプの音質は回路的にファットだったのが,プラスに働いている.K601の持ち味である透き通った高音域に中低音域の厚みが加わり,他のヘッドフォーンアンプでは味わえない,とても魅力的な音でボーカルを愉しむことができる.




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/280-b464531f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。