08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: ヘッドホンアンプ

真空管ヘッドホンアンプ TU-882R 

P1010094.jpg
株式会社イーケイジャパンのエレキットはプラモデル感覚で作れるヘッドホンアンプ・キット.TU-882R(限定生産品)を作ってみた.同じ仕様ながらメーカー一部組立済みのTU-882ASは完売なそうだ.

DSC00559.jpg
最初からカスタマイズ・バージョンで仕上げる.製品に添付される真空管は米国GEの5670W.これは使わず巷で噂のロシア球を選んだ.
状態の良い77年製の同ロット品で,トリプルマイカ+アノードが黒みがかっているのが特徴.

・Filament voltage, V: 6.3
・Anode voltage, V: 150
・Filament (heater) current, mA: 350±35
・Anode current, mA: 8.75±3.25;
・Mutual conductance, mA/V: 5.9±1.9
・Gain coefficient: 34±7
・Inter electrode capacitance, pF: input: 2.4 / output: 1.3
・Operation time, h:5000


P1010077.jpg
とりわけボリュームは最初から交換したほうがいいだろう.基板にはアルプスRK-27が実装できるパターンが存在するので加工がいらない.ほか抵抗はタクマンREY,キャパシターはアムトランスのフィルム,デンマーク・イエンツェン社のポリプロピレン.積セラもマイカに変更した.

P1010085.jpg
キットは一から作るのと労力は雲泥の差で,悩むことなくサクサク進む.2時間程度で,ご覧のとおり基板類は完成した.ちなみにメイン基板の横たわっているコンデンサはB電源の平滑用ケミコン.増量した結果,ケースに干渉するので本来立てて付けるべきところ,寝かせた.

P1010091.jpg
いよいよシャーシへインストール.ボリューム(基板)はスペーサーを長めのモノに交換することで綺麗に納まる.

P1010088.jpg
このモデルはTG-5882で問題とされていた電源トランス周りが大幅に改善されている.
当初の目論みではACコードが直付けせず,インレット方式にしたうえで極太コードを使うつもりだったが,ケースが鉄板なのであきらめた.画像のとおりAC電源コードのみ極太に変更している.


P1010095.jpg
DSC00741.jpg
一晩エージングして音を聴きながらこのブログを書いているが,変なノイズは皆無で静寂そのもの.音質はディスクリートでいえばFETの艶っぽさや響きの美しさが,それ以上に堪能できるアンプだと思う.ケースやパネルの質感も写真でみるより,はるかにシッカリしており満足度は高い.価格以上の価値はあるのではないだろうか.

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

わたしも

先日、本キットを注文し到着待ちです。
私は抵抗をすべてPRPに、段間接続の0.1uFはMKT1813に変更予定です。球はWE396Aにしようと思っています。
ボリュームは盲点でした。RK-27が使えるとは思っていなかったので発注していませんでした。
ちょっと質問なのですが、RK-27は軸が長いですが、軸切りせずにつかえましたか?
よろしくお願いします。

URL | じんそん #- 【2011/04/12 01:15】 *編集*

Re: RK-27

じんそんさん,コメントありがとうございます!
WE396Aいいっすねー.ラジデパのキョードーに在庫あったんですが,確か7000円/本で諦めました....羨ましいです.
さて,RK-27の件ですが,軸切りは必要です.あと,スペーサーですが,20mmの”オスメスタイプ”にナットを噛まして,丁度良い感じに仕上がりました.

URL | analogdevice #- 【2011/04/12 21:59】 *編集*

こんばんは!
ご返答ありがとうございます。
やはり、軸切りは必要ですかー
とりあえず、標準のやつで音きいてみてから載せ替えてみます。
片面基板だと、半田も取りやすいですしw
20mmのスペーサーですね!了解です!
今日届いたのですが、抵抗が届かないので着手できてないです。
あー早く、音だししたい!

URL | じんそん #- 【2011/04/12 23:41】 *編集*

参考にさせていただきました。

はじめまして、こんばんは。

非常に興味深い、勉強になる記事に感謝いたします。
私も TU-882R キットを買ってはみたものの、このまま組み立てるよりも、
多少改修して個性的なアンプを作りたいと思っておりました。

知識がないので、この記事を見て、真似して作りました。

VR は予算不足で Linkman, にしました。
6H3p-E の ’77 製も既に入手済みですが、まだ 5670W を聴いています。

今後ともよろしくお願いいたします。

URL | 007Vic #6Xq2vQcY 【2011/06/04 21:36】 *編集*

007Vic様
コメントありがとうございます.つたない記事ですが,参考のフィードバックはこちらもうれしいです.
カスタマイズは,独自性を打ち出せるし,新たな発見があったりホント楽しいですよね.

URL | analogdevice #- 【2011/06/05 16:19】 *編集*

ボリュームの軸切り

このHP大変参考になり感謝しております。
ボリュームの軸切りについて:軸を小型万力で固定して、「フリーウェイコッピングソー」(大洋精工KK製)と使用するとほとんどダメージを与えることなく完成します。当方はこの「ソー」を東急ハンズで購入しました。

URL | 小澤孝好 #- 【2016/02/06 10:02】 *編集*

Re: ボリュームの軸切り

小澤様
コメントありがとうございます。また、「フリーウェイコッピングソー」(大洋精工KK製)の情報提供に感謝です。
そうですね、軸を万力で固定して切断がベストな手順ですね。あと、切りくずがボリューム内部に入らないように隙間をマスキングした方がいいですね。

URL | analogdevice #- 【2016/02/06 13:47】 *編集*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/234-e418dbd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top