10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: ヘッドホンアンプ

オーディオ用ACアダプター 

P1000995.jpg
DACのグレードアップにオペアンプを買い揃えたものの,選考外となったオペアンプたち.随分前に作ったヘッドホンアンプに転用することに決めた.
ただこのアンプの電源は外部ACアダプターから供給する方式.あえて作り直すのも面倒だし,このままで低ノイズで高品位な音質を実現したくなり,手持ちのパーツでACアダプターをつくることにした.

DSC00723.jpg
上は出来上がりの画像.設計~板金加工含め10時間で完成.

画像では大きさがわからないが,かなりコンパクト.アンプのケースはタカチのYM100なので選んだのがタカチのMB-2(W70×H50×D100).ジャストサイズだし価格も480円と安い.

課題はこの小さいケースにどんな回路を組み込むかだった.
安易な路線は「トランス+ダイオード+ケミコン」というシンプルなトランス式非安定ACアダプター.市販品との違いは高めの出力電圧くらいで,質的向上は望めない.ということで,コンパクトなケースながらオーディオ・ライクに仕上げることにがんばってみた.

P1000991.jpg
回路は大容量コンデンサを使った整流回路+シリーズパス型の定電圧回路で構成.
定電圧回路の基準電圧にはLEDを使った.前面パネルのパワー表示も兼用できる一石二鳥.

実装がイチバン大変かもしれない.6800uFの大型ケミコンやパワートランジスタのヒートシンクの配置を決め,そのスキマにトランジスタや抵抗類を置いていく感じ.

P1000990.jpg
コンパクトを理由にブリッジダイオードあたりで妥協せず,ちゃんとFRDでブリッジを組んだ.

DSC00720.jpg
出来上がってから一晩エージングのため放置.早速テストを兼ね供給電圧を26Vにセット,アンプにはBBのOPA827をセットして試聴してみた.ハムやノイズは無し.

聴くアンプつくるアンプともディスクリート志向のためオペアンプからは暫く遠ざかっていたが,このサイズで躍動感溢れ,重心が下がり腰の据わった音質を楽しめるのは素晴らしい.同時にオーディオはやっぱり電源が重要.



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/217-95714b35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。