08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: オーディオプレイヤー

IMOD化は幻に終わる 

DSC00039.jpg
iMod化のモトネタ,ハードディスクタイプのiPodが到着した.
型番はMA002 30GB WHITE.「PCから曲の転送は正常にできますが音がでません」というジャンク品を格安で手に入れた.
早速動作チェックしたところ故障は重症のようだ.電源ONでサーという残留ノイズは両チャンネルとも聞こえるのでイヤホンジャックやアンプ部ではない,これは最悪チップ自体が逝っているかもしれない.んーハズレだったかも.なのでIMOD化の改造自体がうまくいったとしても音がでない確率は高く,そのときは単なるiMOD化のトレーニングということになる.

DSC00040.jpg
早速開腹作業を開始.ネットの情報で学んだ薄いカードを差し込みロックを外していく.これ思ってた以上に簡単.

DSC00044.jpg
イヤホンジャック&ホールドスイッチモジュールのリボンケーブルを外す.ロック解除することをお忘れなく.

DSC00047.jpg
メイン基板は6本のネジでフレームに固定されている.ネジは小さいので無くさないように!

DSC00052.jpg
ようやくCodecチップとご対面.チップ上部にあるカップリングコンデンサを取り除く.

DSC00053.jpg
取り除いた跡はこんな感じ.このランドからDockコネクターのライン出力に引き出す.

DSC00055.jpg
直結配線はテープで仮固定しながらの作業した方がいい.最後はカバーする前にCodecチップ出力がドックコネクタに直結しているかテスターで確認.

さて,iModの音質は....といきたかったが,やはり肝心の音はでなかった.どうやらボード交換が必要のようだ.今回は分解の手順をマスターできた!とポジティブに捉え,次の機会はロジックボード交換をしてみようと思う.


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/138-45e76f81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top