10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 噂の真相

ニッセイ電機自己破産の真相 

音質をデザインするうえで,コンデンサは意外に重要なパーツだと思っている.そのなかでもニッセイ電機のポリプロピレンフィルムAPSシリーズ(画像),積層メタライズドポリエステルフィルムは自分にとって定番中の定番だ.
20091214_806525[1]
さて,困ったことに,ひいきのフィルムコンデンサーの専業メーカーニッセイ電機が5月に自己破産してしまった.電子工作を愛する多くの方々に支持を受けているメーカーがどうして?と感じたのは自分だけではなかろう.
手元にある日経ビジネス系の雑誌によると,決して業績低迷ではなかった.中国進出がきっかけで破錠に追い込まれてしまったという.

ニッセイ電機の中国進出は不幸の連続だ.中国での本格的な生産を整えようと94年,上海に生産拠点を構えたが,上海万博開催の影響で立ち退きを余儀され,今度は代替生産拠点に選んだ江西省の工場で労働争議が勃発,損害賠償が発生し財務上マイナスを与えてしてしまった.

トラブルの連鎖はまだまだ続く.更に中国の正月にあたる『春節』には労働者が田舎に帰ったまま戻らないという事態に陥ってしまった.要は製造業にとっての生命線である「品質が良い物を,安く,大量に」を成し遂げるハズだった中国進出がことごとくつまずいてしまったことになる.

そして最後のとどめは,イタリアなど積極的な海外展開の負の遺産である「借金」.この爆弾が中国で起こったトラブル連鎖をきっかけに表面化してしまい,本業の受注は堅調ながらキャッシュが回らない状態,つまり,自己破産に追い込まれてしまった.

では,今回の事件でニッセイブランドが培ってきたフィルムコンデンサは市場から消えてしまうのか?というと答えはNOのようだ.
実は上海日精など中国現地法人のいくつかは,日本の親会社が破錠する直前に中国資本100%になり現地で生産をし続けている.そして,ここで生産されるコンデンサーの独占販売権を巡り,複数の会社が覇権争いをしているという.ビジネス的にはもう一波乱ありそうだが,こと工作マニアにとっては「ニッセイ」の名前が消えたとしても,音がいいフィルムコンデンサが市場から消えてしまうような最悪な事態にはならないようだ.


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ところがそうでも無いですよ。

始めまして。宜しくお願い致します。

所謂、オーディオ用に使われているコンデンサーは全て日本製造と言うのが問題で、ニッセイ上海ではAMZ等の汎用品が作られるのみという現状のようです。よって、MMT等のコンデンサーは製造される事がないだろうというのがその筋の人のお話でした。

ただ、APSだけは中国での生産実績があるので製造する気があれば復活するかもしれないという話のようです。但し、中国での製造はコストが逆に掛かり、復活すれば価格があがり、果たして需要があるのか…。という問題もあるみたいで製造されるかは微妙みたいです。

積層フィルムは、Panaが思い留まってくれたのが救いですね。

URL | 司 浩 #EBUSheBA 【2010/07/28 12:52】 *編集*

Re: ところがそうでも無いですよ。

コメントありがとうございます!
それが本当なら工作マニアにとっては残念.察するところ付加価値の高い
商品は国産,AMZなど価格競争に晒される汎用工業品は中国で,といった
生産方針だったようで.オレンジのAPSはプレミアムデバイスになるんで
しょうね.


URL | analogdevice #- 【2010/07/28 21:46】 *編集*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/135-ba8a0211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。