fc2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

* category: 電子部品あれこれ

激安!モバイル・バッテリー Battery for a portable device 

記事を更新しました:抵抗定数変更でiPhoneの満充電が可能に
アキバ千石電商の店頭で見つけたのが携帯電話向けの補助電源,DLGのリチウムバッテリー.500円という投売価格のため飛ぶように売れていた.ケースはちゃんとアルマイト処理されたアルミニウム製で正に二世代目のApple iPodそっくり.どう見てもデザインを「マルコピ」しているメイド・イン・チャイナっぽさが素敵.丁度iPhoneの予備バッテリーが欲しいと思っていたので,改造を前提に購入してみた.

slimporter_accessory.jpg
入力    : DC5V(USBポートから充電)
出力    : DC5V(600mA)
電池    : リチウムイオン充電池
容量    : 3.7V 1000mAh
外形寸法 : H90×W40×D8.5mm
重量    : 約48g
使用温度 : 0~45℃
充電時間 : 約3時間
付属品/充電プラグ(docomo FOMA、Softbank 3G、au)、PSP充電プラグ、巻取式入力ケーブル(USB-B mini(5Pin)-USB Aオス)、出力ケーブル 

付属品にスマートフォン用の充電プラグは付属されていない.そこで,この商品と一緒に基板用USBコネクタ(メス)も購入し,iPhone用のアダプタを作ってみることにした.

P1000553.jpg
商品付属のau用充電プラグを分解し,そこにUSBコネクタをホットボンドで接着.

P1000555.jpg
iPhone充電を実現するにはUSBのD1,D2各ピンへ供給する電圧値がKeyになる.当初は抵抗2本でD1,D2各ピンとも同電位にしていたが,途中で充電が解除され満充電まで進まなかった(=外部給電モード?).
現在は以下の回路図に変更.USBのD1,D2各ピンへの供給電圧を変更したことで満充電まで進むようになった(回路図上の電圧は実測値).
100528 iphone battery


P1000556.jpg
基板が本体からハミだしてしまったのはご愛嬌ということで.....


P1000605.jpg

出来上がり!



スポンサーサイト



この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/116-2de271a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top