08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: 電子回路の備忘録

フルディスクリート・ポータブルHPAの回路を書いてみる(改訂) 

ディスクリート・ポータブルHPA(HeadPhone Amp)の回路をバージョンアップした.内容は負帰還の追加.この恩恵で聴感上の歪みは大幅に軽減されたし,ゲインも上がったことで実用に耐えられそうだ.これでようやく試作機製作に移行できる.参考にさせて頂いた回路の原典はここ.元回路はユニティゲインのバッファになる.

100430ディスクリHpa


・初段は高入力インピーダンスのJFET
・出力はエミッタフォロワ2段で低インピーダンス
・オフセットはVRで調整可
・出力段バイアス電流はLEDのVfに依存
・負帰還を追加

と必要最低限の機能は盛り込んだつもり.

つくづく思ったことはディスクリートでそれなりの音質のポータブルHPAを作るのは難しい.
最初は意気込んで初段差動増幅回路で書いてみたが,部品点数が多くボツ.次は思いっきりシンプルにとFET単段のSEPPをブレッドボード上で試作してみたが音が悪く却下など,まとまった時間がとれるGWでなければとうてい無理だったかもしれない.

本題から外れるが,色々,試しているなかで,NE5532P+JFETバッファ(K170/V.J74/V)はボーカルが際立って印象深い音質だった.

【関連記事】フルディスクリートHPA完成!


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

R1はグランドに落とすんじゃないんですか?
でないとゲインは・・・

URL | ポンコツ #- 【2010/08/31 05:56】 *編集*

Re: R1はグランドに落とす

ポンコツさん,コメントありがとうございます.
P-G帰還に興味をもち採用してみました.電気的にはボリューム位置で帰還量が変わるという欠点があるようです.http://ayumi.cava.jp/audio/pg/node1.htmlあたりを参考にしてください.

URL | analogdevice #- 【2010/08/31 22:07】 *編集*

なるほど!
浅はかな突っ込み失礼しました。

>ボリューム位置で帰還量が変わる
ってことは、オフセットドリフトしませんか?

URL | ポンコツ #- 【2010/09/01 03:10】 *編集*

Re: タイトルなし

ポンコツさん
>ってことは、オフセットドリフトしませんか?
久々にオフセットを測ってみましたが,最大で2.5mVでした.
ちなみに完成してからまったく調整しておりません.

URL | analogdevice #- 【2010/09/01 22:17】 *編集*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://analogdevice.blog84.fc2.com/tb.php/109-ec1789d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top