fc2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

* category: DAC

DAC・オペアンプと音質の関係 (おわり) 

P1000988.jpg

追加で買ったオペアンプはブレッドボードに差し込んで集中バーンイン完了.これに加え,手持ちの中からオーディオ用途を選び,いよいよDACアナログ回路部のオペアンプ交換&試聴に入った.
以下が対象のオペアンプ.各コメントはデータシートからの引用になる.

■Burr-Brown
・OPA627BP JFET-input,業務用オーディオ・アプリケーションに最適
・OPA211 Bipolar-input,高分解能DAコンバータ(DAC)の出力バッファに最適
・OPA827 JFET-input,業務用オーディオ・アプリケーションに最適
・OPA604AP JFET-input,Superior performance in high quality audio
・OPA134AP JFET-input,高性能オーディオ・オペアンプ

■Linear Technology
・LT1677 Bipolar-input,低ノイズ,レール・トゥ・レール,オーディオ利得段の直結に最適
・LT1360 Bipolar-input,高速・高スルーレート,バッファに最適

■National Semiconductor
・LME49610 Bipolar-input,High Performance, High Fidelity, High Current Audio Buffer
・LME49990 Bipolar-input,Ultra-low Distortion, Ultra-low Noise,Ultrasound preamplifiers

■Analog Devices
・AD711 BiFET-input,High Speed, DAC出力バッファに最適

■Texas Instruments
・NE5534A Bipolar-input,Very low noise, high output drive capability,low distortion, and high slew rate

P1000989.jpg
オペアンプの交換ループにハマる「オペアンプ地獄」という言葉があるらしいが,自分は,すんなり選ぶことができた.それは「OPA211」.LME49990やLT1677の繊細で明瞭な音質も魅力的だったが,この要素に加え,僅かにOPA211の方が音に広がりに秀でた印象を受けた.つまり,音楽を聴く楽しみを増大させてくれる作用がある.ちなみに,DCサーボはOPA134.

今回の試聴はオペアンプに絞ったというより,プリアンプ,パワーアンプを含めたトータルシステムでの評価.ゆえに他機器の”音創り”が互いに影響しあう.とりわけプリアンプ LUXMAN C12はラックスサウンドというか独特の響きが印象強いアンプなので,本命馬OPA627やOPA827といった音場表現に強みを特徴にもつオペアンプは相性が悪かったかもしれない.

OPA211には栄冠として厚めの銅板をエポキシで接着してあげた.ICやケミコンに銅板をつけるのは,オーディオ全盛期,ハイエンド機器に良く見られた光景.これで音質が○×...という気はサラサラないが,廃熱にはいい具合に思える.





スポンサーサイト