07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: オーディオケーブル

ACプラグ交換手順 

P1000978.jpg
ここで書いたACプラグの交換が完了した.プラグはPanasonic WF5018.

P1000974.jpg
電極側にあるネジ2本を緩めると,簡単にハウジングと分割できる.

P1000976.jpg
次に電極の反対面・中央にあるネジを緩める.

P1000977.jpg
こうして,アース電極は取り外するとができた.

P1000979.jpg
あとは,FURMAN SS-6Bの電源ケーブルを適当な箇所で切断,ACプラグを取り付けて完了.ところで,ケーブル固定クランパーに対しこのケーブルは太すぎる感じがする.動かないまで締め付けれられなかったので(締め付けることも可能かもしれないが,かなり潰れる),バネワッシャーを噛ませたことで対処した.


スポンサーサイト

* category: オーディオケーブル

Belden 88760 

「高音質なRCAケーブルを作ろう」の第2弾は,DAPのケーブル.

P1000971.jpg
画像が完成した品.
Apple ipod(Dock経由)やTeclast T51といったポータブルDAP(デジタルオーディオプレイヤー)とヘッドフォンアンプをつなぐケーブルだ.

P1000963.jpg
ケーブルはクリスタルな音,透明度が高い音と色々な表現を目にするBelden 88760.元来,業務用スタジオの機器間配線の定番.Beldenらしい硬くシッカリしたケーブルになる.
Belden 88760は画像のように鮮やかな紅赤色.ちなみに右は数年前に買った宅内在庫Belden 88760,左は最近新たに購入したもの.画像ではわかりにくいが,色が左右で微妙に違う.数年前に買ったものはROHS(※電子・電気機器における特定有害物質の使用制限指令)がスタンプされていないので,2006年以前に製造されたものと推測できる.色は赤というよりオレンジっぽい.

P1000967.jpg
内部構造は2芯シールド+ドレイン線,
画像のとおり内部導体はアルミラップが隙間なく密着しており,外からノイズの通り抜ける余地が全くないという感じ.赤と黒の絶縁体は熱に強く絶縁力も高いテフロンを使っている.こうしてみると価格が高いのも頷ける.

make.jpg
さて,今回は上図,オーディオテクニカのサポート情報を参考に左右1本づつの贅沢バージョンにしてみた.



P1000968.jpg
実際の様子.ピン側は,ドレイン線と二芯の一方をグランドに,フォーン側はドレイン線をグランドに落とさない.

最後に決算.材料内訳は次のとおり.
・Belden 88760  トモカ 570円/M
・RCAプラグ  秋月電子 150円/個 × 2 = 300円
・ステレオミニジャック 小沼電気  450円 ※カナレ F12の金メッキバージョンと思ってください
トータル1320円.メーカー製と比較し半額以下で出来上がる.

「フッ,ケーブルぐらいで音が良くなるのか?」と懐疑派の方は,ぜひお試しを.


 

* category: オーディオケーブル

高音質のRCAケーブルを作ろう Make high-quality RCA cable 

ポイントを抑えれば意外に簡単.自己流ケーブル製作手順を公開.

akizuki RP-1020N

■用意するもの
・RCAプラグ 秋月電子 @150/個 オススメ
・オーディオ用ケーブルP1-32(6mm) 小沼電気 @400/M オススメ
・カッター
・ニッパー,ラジオペンチ
・ハンダ・ハンダゴテ
・薄い銅板 適量

■オーディオ用ケーブルP1-32(6mm)の構造

kouzou.jpg

1.ケーブルの外被覆(シース)を剥く
1_P1000951.jpg
・シースを剥くにはニッパーよりカッターがベター.刃をケーブルに軽く当て,ケーブルを回しながら傷をつけていく.くれぐれもシースの下にある外部導体(網組み銅線)に傷をつけないよう慎重に,がポイント.
・シースが剥けたら,精密ドライバーの先っぽで,髪をとかすように外部導体(網組み銅線)をほぐす.
※画像はほぐした結果

2.外部導体の整形
2_P1000952.jpg
3_P1000953.jpg
・ほぐした外部導体を外側に折り曲げ,ハサミやニッパーなどで長さを10ミリに整形
・次に内部導体側のシースを「1」の手順で剥く

3.プラグ/外部導体部品の取付け
4_P1000954.jpg
4_1_P1000955.jpg
・プラグの外部導体側はハンダ不用でネジ締め付ける方式
・このままでは,少しルーズなので二枚目の画像のように薄い銅板をスペーサーとして入れる.これ独自のポイント.

4.プラグ/内部導体部品の取付け
5_P1000957.jpg
6_P1000958.jpg
・内部導体の芯線は軽くハンダをあげておくとよい
・内部導体部品をかぶせ,そこにコテ先をあて十分予熱したうえで,ハンダを一気に溶かし込む

5.プラグ胴体の装着
P1000959.jpg
・プラグ胴体をはめて完成!




* category: オーディオケーブル

HIGH SPECIAL OFC CABLE 

DSC00689.jpg
「コレで聴いてみて」と頂き物が届いた.中身は”HIGH SPECIAL OFC CABLE”と刻印された太めのRCAケーブル.それなりのOFCケーブル使っていたので,音質差はさほど無いだろうと高を括っていたが,濁りがなくゾクッとするほどの解像度.思わず「なんだコリャ!」と驚きを隠せなかった.

送り主にこのケーブルの正体を問い合わせたところ,秋葉原ラジオセンターの小沼で扱っている800円/mのオーディオケーブルだと返信があった.コネクタも同店扱いのモノで,抜き差しは大変と思うくらい固いが,その分シールドが万全.
ケーブルの奥は深く侮れない.

* category: オーディオケーブル

デジタル信号伝送用・同軸ケーブルの製作 

DACを自作した人なら周知の事実ではあるが,DACの入力インピーダンスは75Ω.つまりCDプレイヤーのデジタル出力信号は同軸ケーブル(75Ω)を使うことによって最適にDACへ伝達される設計になっている.
丁度,アキバに行ったついでに買ってきたカナレの同軸ケーブルがあったので,ケーブルを作ってみた.

L-3c2vs.jpg
ケーブルは業務用映像ケーブル,カナレのL-3C2VS.入手先はラジオデパート2Fのトモカ.
ホームセンターで売っているテレビ用とは違い,内部導体は撚線構造を採用しているので屈曲に強い構造になっているのが特徴.90円/m.本当はベルデンが欲しかったが,こちらは800円/mとあまりにも高いのでやめた.

DSC00684.jpg
RCAプラグは,ずいぶん前に秋月電子で買ったプラグ.これがなかなかの品.
高周波対応同軸構造でメッキの仕上げも大変良い.画像のように円筒状のシールド接触子と同じく円筒状のシールド保持金具が突き合わされて同軸構造のままケーブルとプラグを繋ぐ構造.ゆえにインピーダンス整合が維持される.これで150円は買い得.

DSC00688.jpg
別にここまでする必要はないと思うが,仕上げは熱収縮チューブで覆う.昼食代より安い値段でプロ仕様のケーブルが出来上がり!





* category: オーディオケーブル

BELDEN 8470に変えてみた 

たかがケーブル,されどケーブルというのが本日の話題.
天気が良かったので,アキバに出向き前々から欲しいものリストに入っていたスピーカーケーブル「BELDEN 8470」を買った.
BELDEN8470.jpg

ベルデンはスタジオや放送局といった,つまりプロご用達のケーブルメーカー.購入先は業務用機材を多く扱っているラジオ会館2FのTOMOCA.価格は切売りで@240円/Mだった.

DSC00655.jpg
外径5.33mm,導体芯線1.31m㎡(16AWG)といってもピンとこないと思うので「フツー」のスピーカーケーブル(付属でついてくるヤツ)と比べてみた.
左がベルデンになるが一本一本の導体自体が太く,かつ,密度が高い.芯線外皮とも硬いのがベルデンの特徴で,まるでハリガネのようだ.

DSC00658.jpg
ケーブルの端末処理にはハンダという手もあるが,酸化するのでよろしくない.とはいえオーディオ用と銘打ったひとつ数千円のバナナプラグを使うのもバカバカしい.そんな折,ラジオセンターの店先でたまたま見つけたのが,このピン.
長さは25mmほどでアンプ端子,スピーカー端子には丁度良いサイズ.一袋50本入りで「クリンプ・プラグピン AC250V10A」と書いてあった.

DSC00659.jpg
こんな感じで思い通りに仕上がった.

ともかく,このケーブルの音質は好評のようだ.ぐぐって引っかかったamazonのレビューを見ても皆さんポジティブな意見が多いようで.確かにアンプからスピーカーまでストレートに信号が伝わっている感じがする.
お手軽かつリーズナブルなアップグレードかもしれない.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。